赤ちゃんの寝かしつけ方について

私は、子供が4人います。赤ちゃんの寝かしつけには、最初は困りましたが、今はとても慣れたものです。赤ちゃんでも、大人が横で眠っていれば、自然と寝てくれるものなのです。「寝かしつけよう・・」と強く思ってしまうと、どうしてもその大人の意気込みを感じてしまい、赤ちゃんは眠ってくれなくなってしまうのです。

 

ですから、あまり寝かしつけについて、神経質にならないことが一番早い寝かしつけ方法でしょう。そして、昼間に、しっかりと遊んであげることが大事です。赤ちゃんにストレスを感じさせないように、散歩に連れていったり、遊んであげたりしましょう。そうすれば自然と、夜は寝てくれるようになります。人間は、夜にしっかりと眠るように出来ているので、そんなに心配する必要はありません。 母乳で育児をしている人は、母乳で赤ちゃんを寝かしつけをしている人は多いと思います。でも、母乳を吸わせながら眠ってしまうクセが付くと、どうしても卒乳が難しくなります。母乳での寝かしつけは、とても楽だからと思っているでしょうが、早々にそのクセは治しましょう。一歳すぎても、母乳を飲ませることになってしまいます。

 

ですから、赤ちゃんの寝かしつけは、親が、添い寝をしてあげることが、一番の寝かしつけ方法です。赤ちゃんのころからの寝かしつけ方法はとても重要です。例えば、毎日抱っこして寝かしつけるクセなんてついてしまうと後が大変です。体重が重くなってきても、抱っこでないと眠ってくれないことになります。

 

ですから、赤ちゃんの、まだ良く分かっていないうちに寝かしつけ方法を確立させる必要があるのです。子育てを楽にしたいのなら、赤ちゃんを甘えさせすぎないことが大事です。寝かしつけは、毎日のことです。少しでも、楽にすることで、子育てにストレスを感じなくなります。子育てを楽にして、そして楽しくするのは自分次第です。無理なく、自分にあった寝かしつけ方法を見つけてください。"

Copyright(c) 2013 http://www.health-e-kids.org/ All Rights Reserved.