お外でぐずったら100円ショップへ

お出かけしている最中のぐずり、困りますよね。特にこれから電車やバスに乗るという場合や、静かにしていなければならない場所に行くときは、その前に十分遊んであげて発散させてあげてからにしたいもの。

 

ここでは、外出中にぐずりの前兆が出てきたけれど対策グッズをなにも持っていない、というときの困った事態を救ってくれるヒントをご紹介します。

 

まず、近くに100円ショップがあったら迷わずかけこみましょう。

 

ここで売っている、振ると音がするガラガラは赤ちゃんが大好きなアイテムです。 また、一緒に買っておきたいのは、うちわ。パタパタあおいで風を赤ちゃんの顔にあてるとグズグズが一瞬で止まることも多いです。赤ちゃんの記念写真などを撮影するフォトスタジオでも実はこれらのアイテムは大活躍しているので、行ったことのあるママやパパはその威力をご存じかもしれませんね。 うちわは何でもいいですが、好きなキャラクターやかわいい形をしているものなどもあるので余裕のあるママは準備しておくといいかもしれません。

 

100円ショップのすごさは、実はそれだけではありません。レジでもらうレジ袋も、実は赤ちゃんのぐずり対策には強力なアイテムです。なぜか、赤ちゃんはこのレジ袋のくしゃくしゃかしゃかしゃ、の音が大好き。特に低月齢には効果てきめんで、泣いていても袋を耳の近くでガサガサさせるとピタリと泣きやんで、「あれ?」とでも言いたげに目をそちらに向けたり手を伸ばしたりします。赤ちゃんの、ビニール袋好きに目を付けたおもちゃメーカーからはその音が出るおもちゃも発売されているほど。不思議ですが、一説によるとこの音はママの胎内で聞いていた音に似ているのだとか。100円ショップの帰りでなくともたいていの場合、汚れたオムツを持ち帰るためのコンビニの袋などを持ち歩いているでしょうから、是非ためしてみてください。意外な効果にびっくりするでしょう。

 

ただし、これらのビニール袋やレジ袋は口にいれると窒息事故の原因ともなるので大変危険です。遊ばせっぱなしで目を離したりせずに、遊ばせ終わったらきちんとママが片づけましょう。 ビニール袋に限らず、電車やバスの中などでおもちゃを渡すときは突然の急停車や揺れに備えて、口に入れることを想定されて作られていないおもちゃで遊ばせるときはよく注意して見ていましょう。

 

赤ちゃんと一緒に楽しくお出かけできるヒントはまだまだたくさんあるのでまた別のページでもご紹介します。

Copyright(c) 2013 http://www.health-e-kids.org/ All Rights Reserved.