ママのイライラ

赤ちゃんと一緒にいて、「この子私の気持ちがわかってる!」と思うこと、ママなら誰しも経験があるのではないでしょうか。ママが焦ったりイライラしているときにぐずり出し、機嫌よく鼻歌交じりでいるときは一緒にニコニコ……。本当に不思議なことですが、実際にママと赤ちゃんは「一心同体」と言われるほど、その気持ちもリンクしているのです。

 

植物に対して「きれいだね」「大きくなってね」とポジティブな言葉を言い続けた場合と、ネガティブな言葉を言い続けた場合もしくは無視し続けた場合、その花の咲き具合が違ってくるという実験は、言葉が通じなくてもその波動が確かに生命に影響を及ぼしているという証拠ですよね。植物と人間の関係ですらこのような影響が出るのですから、10ヶ月感ものあいだママのお腹の中で過ごした我が子がママの言葉がけや心の動きに影響を受けないはずはありません。

 

グズリがひどい、夜泣きばかりする、という赤ちゃんに困っているママは、我が子に対してマイナスな言葉を言っていないか、イライラをぶつけてしまっていないか、ちょっと振り返ってみましょう。疲れているのに子供がそばでグズリはじめると、つい「ああ、またか」とげんなりしてしまう気持ちはわかります。でもその気持ちを「ああ、私疲れてるんだな」と客観的に捉えてまず深呼吸。アンテナが敏感なお子さんはあなたの全てを吸収してしまいますので、ポジティブな気持ちになってから抱っこしてあげてくださいね。

 

そんなこと言ったってそんな簡単にポジティブな気持ちになれなーい、というママもいるでしょう。そういう場合は、とりあえず気持ちは置いておいて、以下のベビーマッサージをしてみましょう。

 

静かなところで、ただ赤ちゃんのやわらかい体に触って愛情をこめてマッサージをすることにのみ集中すると、気持ちもあとからついてくることが多いもの。手を温めて、お子さんに「マッサージするよー」と声がけしてから始めてみてください。

 

やり方としては、まずママの手を温めます。呼吸を深くしながら赤ちゃんの手のひらや足の裏を、ママの人差指のはらでくるくるなでます。かかとの真ん中も、くるくるくるくる……。静かな気持ちで優しく優しく。おでこを優しく、くるくる……。赤ちゃんもそのうち気持ちよさそうにママの顔を見つめてくれるはずです。

 

もしお子さんがマッサージが好きそうな素振りを見せたら、ベビーマッサージの講座などに一緒に参加してみるのもオススメです。泣きぐずりに効果的なマッサージなどもありますので、ちょっと練習してマスターすればママの負担も減りそうですよね。赤ちゃんが思い通りにならないことにママのイライラの原因があるのだとすると、ベビーマッサージで泣きぐずりや寝ぐずりから解放されて寝かしつけが楽になることで、問題解決への近道になりそうですね。頑張ってください!

Copyright(c) 2013 http://www.health-e-kids.org/ All Rights Reserved.